大先生御講話集

2018年(平成30年)2月18日 ベストグループ関東地区見聞会①

皆様、おはようございます。今年から小学校、来年から中学校で、道徳の学習指導要領が施行されます。私たちは小学校や中学校時代、学校で道徳を教えられませんでした。高校では倫理の科目がありました。私たちは、人との関わり方や命の尊さ、人間性が一番大事だということを、親から教えられて大きくなりました。

当時は戦争で三百万人以上の方が亡くなられましたので、命がどんなに尊いかということを子供に教えた親が多かったのです。
その次に、人間性の大切さを教えられました。育ての母は、人との関わり方はどうあるべきかを教えてくれました。そして、真理という言葉を教えてくれました。「真理を知らずして人にあらず」と、戦後の母親はそのように子供に教えたのです。

今の母親は子供に教える方は、どれだけいるでしょうか。お金や物質の魅力に負け、形あるものしか信じない方が多くなったように感じます。私たちは形のない命に生かされているのに、命の存在さえも知らない方が、なんと多いことでしょう。当時の母親は命の大切さを子供に教え、命は本当にあるのだということを教えました。道徳の大切さや人との関わり方も教えてくれました。

私は育ての母から、「兄ちゃん、嫌なことがあっても逃げたら駄目やで。この世の中は嫌なことだらけや。善い人もたくさんいるんやで。私たちは助け合って生きてきたのだから、兄ちゃんも助け合って生きるんやで。社会や人の迷惑だけはかけたらいかんで。そして親が泣くようなことをしたらいかんで。親が悲しむようなことをしたらいかんで」と教えられました。これが当時の母親の教えです。

今の母親は「お金持ちになりなさい」と子供に言う方が多いと思います。その教えは間違っていると思います。人の道を子供に教えるのが、母親の役目だと思います。私たちは母親から道徳や命の大切さ、人間性を教えられましたので、小学校や中学校では道徳は学びませんでした。

喧嘩をしても今のようないじめをすることはありませんでした。死に追い詰めるようなイジメはしませんでした。学校では喧嘩をしても、家に帰ったら一緒に遊んでいました。当時はうつ病になる方はあまりいませんでした。今、うつ病の方はたくさんおられます。この世の中で人間関係が上手くいかない方が多いです。

私たちの少年、少女時代には、自ら命を絶とうとする方も数少なかったです。「自殺する勇気があるならば生きなさい」というのが、当時の親の教えでした。私はその言葉を未だに覚えています。

一覧はこちら >>