衣川晃弘大先生とは

大先生とは、全国で研修や講演をされる先生を20名以上育てられた先生の先生という意味です。
また、本当の幸せへとつながる正しい生き方を教えて下さる人生の師として、
私たちは感謝と尊敬を込めて『衣川大先生』と呼ばせて頂いております。


衣川晃弘大先生は昭和19年大阪市にお生まれになり、社会に出られる迄は京都府で育たれ、現在、三重県津市にお住まいです。幼少期に様々な御苦労をされ、30代には事業家として成功を収められました。

40代では仕事を通して、7年間の苦しみをご経験されたのち、会社を立て直されました。そのようなご経験を通じて、地位・名誉・お金や物質的な豊かさだけが本当の幸せではないと気付かれ、『本当の幸せを追求したい。もっともっと社会や人のお役に立たせて頂きたい』と強く決意されました。


衣川晃弘大先生は、御自身の長年の御経験から、道徳に基づいた正しい生き方こそが本当の幸せへの道であると気付かれ、その道しるべとして『ベストの指針』に基づいた正しい生き方を実践し、本当の幸せを手に入れられ、日本が道徳に満ちた国になる事と命を大切にする国になる事により、真理の国になる事を願われ、そのお手伝いの為、全国各地をまわっておられます。

衣川晃弘大先生はどのような目的で活動されているのでしょうか?

衣川晃弘大先生は、日本が道徳に満ちた国、命を大切にする国になる事により、真理の国になるお手伝いをさせて頂きたいと願われ、愛に溢れた活動をされています。日本人は、元々は道徳心をもって、道徳を生きる規範として生活をして来た民族でした。


しかし、ある時期を境に、道徳心は廃れ、身勝手な生き方の人々が多くなって来たように思います。マザー・テレサは、「日本は心の貧しい国である」と仰いました。
衣川晃弘大先生は、日本人の持っている素晴らしい人格をもう一度取り戻せるように、ご自身の体験に基づいてその指針として『ベストの指針』をお作りになられました。


人間本来の生き方をし、悩みや苦しみの無い日本を実現するお手伝いの為に、見返りを求めない愛に溢れた活動をされています。